不要な物件は任意売却してお得に活用しよう

不要な物件は任意売却してお得に活用しよう

ウーマン

福岡で任意売却する際の注意点

不動産の任意売却を考えたとき、まず重要な情報は地価です。なぜなら、少しでも高く売りたいのが売主の気持ちだからです。土地の値段は1物4価と呼ばれ、同一の土地に4種類もの価格があります。このうち実勢価格が実際の取引価格を反映しているとされます。一般的に都市部は高い傾向にあり福岡においても同様です。ただし注意したいのは、同一市町村内でも地価相場が高い区域と安い区域が混在する場合です。売却予定の不動産がどの区域に位置するのか、予想以上に安く見積もられないよう、明確に把握しましょう。

任意売却という方法を取るメリット

任意売却と比較される方法として競売があります。法的手続きに沿って売却する方法です。通常実際の価格の7割程度の売却価格とされます。一方任意売却は、売却までの時間さえ許せば、より高値で購入してくれる買主を探せます。また売却後にも様々な費用が掛かります。例えば、登記費用や売却時点での未払い管理費や修繕費、さらには引っ越し費用など。こうした費用は、よほど価値がない場合を除いて売却代金によって補填されます。ローンの支払いが苦しいなどで任意売却を検討した人であれば、別途費用の心配をしなくて済みます。競売でも一定の費用は補填されますが、引っ越し費用までは見積もってくれないので、その点が任意売却のメリットといえます。

不動産会社と任意売却専門業者の違いとは

不動産会社でも任意売却はできる

任意売却は文字どおり、不動産を所有者の自由に売却することですから、不動産会社に依頼し買主を探してもらえます。ただ任意売却を考える不動産所有者は、急いで売却したい事情を持っている場合がほとんどです。例えば、ローン返済が苦しい、離婚したなどです。こんな場合はやはり任意売却を専門に扱う業者を選択すると良いでしょう。

任意売却専門業者だからできること

不動産所有者の任意売却したい事情を考慮した上で手続きを進めてくれるのが任意売却事業者の強みです。月々のローンの返済が苦しければ、債権者である銀行などと交渉してくれますし、市場価格に近い価格で売れるよう買主を探してくれます。早期に不動産を手放すべき事情をもつ所有者は、不動産会社よりも任意売却専門業者に依頼したほうが目的に適っています。

広告募集中